Home > お知らせ

お知らせ

【ライブ】MARIA RECITAL 2015 〜生命、魂に響き。 @東京・荻窪

MARIA RECITAL 2015 〜生命、魂に響き。2015年11月25日 日曜日 18時30分開場 19時開演 杉並公会堂少ホールにて 出演 MARIA 野平龍一

●うたは、詩。そして、魂。

マリアは、小さいときから、だれも知らないうたを
松浦先生と勉強していて、13歳から舞台で
大人にまじってうたっていた。

だれも知らないうたは、生まれたばかりの
うた達で、だれもうたったことも、
聞いたこともないようなうた。

 うたは、詩。そして、魂。
 マリアのうたの背骨。

ママになっても、だれも知らないうたをうたってきた。
あれうたって、これもうたってに、応えていたら、
最近は、みんなが知っているうたを、
たくさんうたうようになっていた。

 童謡や、ジャズや、シャンソンや、クラシックや、
 オペラや、ミュージカルや、民謡とか、演歌とか、、、
 なんでも。

不思議なことにジャンルを感じない。
全部「マリアのうた」みたいになる。
ジャンルとか、人が勝手に決めた壁を超えて
旅しているよう。

 野平さんは「好きなようにうたうといいよ。
 マリア節なんだから」って。

たしかに。最近は、ますます、マリアのうたは、
マリア節。なんか、うたとあそんでるよう。

マリア節、つぎは、2015年11月15日(日)、
いつもの杉並公会堂。 (by Zingh)

■MARIA RECITAL 2015 〜生命、魂に響き。
———————————————-
2015年11月15日(日)午後6:30開場 午後7:00開演
杉並公会堂小ホール(東京・荻窪)

【出演】
MARIA(スピリチュアル・シンガー)
野平龍一(作編曲/ピアノ)

入場料:3000円 (当日500円増)   ★当日券ございます。 (11/15)

⬛︎チケットのご予約(前売料金)
MARIA RECITAL 2015

FacebookのURLが変わりました。

スクリーンショット 2015-10-02 11.12.32

Facebookのアドレスがわかりにくいなと思っていた。わかりやすいいものに設定できるらしい。そこで、mariaにしようとしたら、使えないらしい。あたりまえか。w
maria.divaもだめ。期限きれらしい。じゃということで決めたのがこれ。”maria.diva.luce=MARIA・歌姫・光” ホールで生演奏を聴いた方にはしっくり来るかなということで、決めました。よろしくお願いします。(うたのしま音楽工房)

https://www.facebook.com/maria.diva.luce

———————————————————————
MARIA RECITAL 2015
2015.11.15(日)pm7:00@杉並公会堂小ホール

武満徹:三月のうた   by MARIA & NOHIRA Ryuichi

MARIAは、よく沖縄へ行く。ライブは3年ぶり。毎夜、JAZZのライブを展開しているMusicCafeKumojiが会場。
はじめての試みとしてPAを入れたライブにした。MARIAがマイクを使ってうたった。
MARIAは、イベントの会場や、主催者の要請でPAを入れることは、今までもあった。
主催するライブで、最初からPAを入れたのは初めてのことだ。
声がでなくなったからとか思われるかもしれない。それは、まったく違う。
MARIAと野平さんの、小さな音の織りなす宇宙を、もっともっと可能性を広げるためのひとつの実験でもあった。

武満徹の「三月のうた」。ほとんどが語り口のようなこのうた、今までもPA無しで演奏してきた。
もちろん小さな音をいろいろ使った表現だった。しかし、マイクを使ったこの日の演奏は、全く違うものになっていた。
沖縄では、新しい発見が多い。

このときのピアノは、沖縄のピアノの詩人、山根さん。
MARIAの武満徹のレパートリーは、沖縄での山根さんとの演奏で始まった。
詩の世界が迫ってくるような演奏だった。

(Zingh)


※ホームビデオによる録画。

Habanera by MARIA & NOHIRA Ryuichi

ビゼーのオペラ「カルメン」でヒロインのカルメンがホセを誘惑するためにうたわれるアリア。
普通はアルトの役。MARIAは声域が広く、アルトのアリアも歌います。リート中心で演奏をしてきているので、オペラでのMARIAは見たことがありません。音楽会用の野平さんのアレンジです。
この演奏を聴いいていると「舞台が見えてくる」と言われた方がいらっしゃいました。

2014年、恒例の杉並公会堂(小ホール)でのリサイタルより。アンコール最後の曲でした。

●Summertime (George Gershwin) by MARIA & NOHIRA

Gershwin作曲のオペラ「ボギーとベス」のアリアとして作曲された曲。両親を幼くしてなくした少年へ、育ての親のクララが歌い聞かせる子守唄。少年の両親は、当時の理不尽の境遇(奴隷制)のなかでわが子へ大きな愛を届けていたのだろう。Gershwinは「このうたは黒人でないとうたってはいけない」と言ったとか言わなかったというエピソードも残る。今では、ジャズやポップスのナンバーとしてあまりに有名な曲となっている。
MARIAのSummertimeは、NOHIRA版で、ドラマの総てが見えてしまうような美しいイントロに続く、美しい旋律が印象的。
このイントロのあとに、この音のスタートができないということで、他の方々には演奏されにくい編曲になっている。
MARIAのレパートリーでは、人気のある1曲。(PianoZing)

先日の沖縄のライブより、客席のホームビデオの録画です。

●〜SpiritualSsingerと呼ばれて〜MARIAの演奏未体験の方へお伝えしたいエピソードを3題。(3)

支援学校の小学校の高学年のみなさんに聴いてもらったときのことです。約40分くらい、ほとんどの生徒さんがじーっと、静かに、みんなニコニコしてMARIAのうたを聴いてくれました。全員がじーっとMARIAを凝視したままの集中力。ひとりだけ教室のなかを歩いている女の子がいましたが楽しそうでした。帰りに教頭先生が、「みんな、静かに聴いてたね。こんなの初めてだよね。演奏に来ていただくのはうれしいのですが、みんながじっとしていられなくなるので途中でやめたりすることが多いんですよ。○○ちゃん(歩いて聴いていた子)も、外に出なかったね。あの子は、すぐに外へ出ていっちゃうんですよ。いや、驚いた。」帰り道のMARIA、みーんないい子だったねぇ。あんなにいい子たちがいるのね。ってうれしそうでした。(う)
——————————————————————————–
MARIA & RyuichiNOHIRA LOUNGE LIVE in OKINAWA
MARIA SPIRITUAL SONGS
きぼうがあれば いのちは輝く

出演:MARIA(vocal) RyuichiNOHIRA(piano,arrange)
曲目:The House of the Rising Sun, Sometimes I Feel like a Motherless Child, Lili Marleen,AveMaria ほか
日時:2105年5月17日(日)1730 Open 1800 Start
場所:Music Cafe Kumoji phone 098-862-3921 那覇市久茂地3-25-19 2F
料金:2,500円(1Drink) ※当日は500円増しになります。

電話予約: phone 098-862-3921 / 090-2517-4988 Music Cafe Kumoji 担当:島
ネット予約/マネジメント http://utanoshima.com/?p=765 うたのしま音楽工房

●〜SpiritualSsingerと呼ばれて〜MARIAの演奏未体験の方へお伝えしたいエピソードを3題。(2)

150517_01

重度の痴呆の方々がお住まいの施設へ演奏へ行きました。施設の方々からは、お名前を呼んでも、なにをしてもほとんど無反応、無表情の方々なので、失礼なことになるかもしれませんが、、、と言われました。演奏が始まると、しばらくすると、うたにあわせて手拍子をとる方や、身体を揺らす方、ことばにならないけれど、一緒にうたわれているのか声を出される方、、、一緒にうたいながら涙を流している方。1/3の方々が拍手もくださいました。MARIAよりびっくりしたのは職員の方々。今度は、静かに、静かにと言われていますが、MARIAは、このままでと言って、最後まで、みなさまと楽しい時間になりました。演奏が終わって、みなさんとさようならをして部屋を出るときに振り返ると、静かな無表情なみなさまに戻っていました。(う)
——————————————————————————–
MARIA & RyuichiNOHIRA LOUNGE LIVE in OKINAWA
MARIA SPIRITUAL SONGS
きぼうがあれば いのちは輝く

出演:MARIA(vocal) RyuichiNOHIRA(piano,arrange)
曲目:The House of the Rising Sun, Sometimes I Feel like a Motherless Child, Lili Marleen,AveMaria ほか
日時:2105年5月17日(日)1730 Open 1800 Start
場所:Music Cafe Kumoji phone 098-862-3921 那覇市久茂地3-25-19 2F
料金:2,500円(1Drink) ※当日は500円増しになります。

電話予約: phone 098-862-3921 / 090-2517-4988 Music Cafe Kumoji 担当:島
ネット予約/マネジメント http://utanoshima.com/?p=765 うたのしま音楽工房

●〜SpiritualSsingerと呼ばれて〜MARIAの演奏未体験の方へお伝えしたいエピソードを3題。(1)

150517_01

ひとつめは、10年くらいまえに野平さんとつくった童謡のCD。これはもともとライブ録音で、既存の曲をMARIA&NOHRAオリジナルアレンジで演奏が始まったシリーズは、童謡、唱歌でした。このCDを聴いてくださった沖縄の方から「このCD不思議です。私の姉は不眠症で、すごく神経質なんです。家の中で時計のチクタクがかすかに聞こえても、眠れない、って言うんですよ。なのに、このCDをかけていたらぐっすり眠れるって、かけて寝てます。なんでですかね?」とおっしゃっていたのですが、なんでかはわかりません。
——————————————————————————–
MARIA & RyuichiNOHIRA LOUNGE LIVE in OKINAWA
MARIA SPIRITUAL SONGS
きぼうがあれば いのちは輝く

出演:MARIA(vocal) RyuichiNOHIRA(piano,arrange)
曲目:The House of the Rising Sun, Sometimes I Feel like a Motherless Child, Lili Marleen,AveMaria ほか
日時:2105年5月17日(日)1730 Open 1800 Start
場所:Music Cafe Kumoji phone 098-862-3921 那覇市久茂地3-25-19 2F
料金:2,500円(1Drink) ※当日は500円増しになります。

電話予約: phone 098-862-3921 / 090-2517-4988 Music Cafe Kumoji 担当:島
ネット予約/マネジメント http://utanoshima.com/?p=765 うたのしま音楽工房

アカペラライブ@G168 OKINAWA

G168の糸数昌代さんとの出逢いは5年以上前になりますかね。そのころ与那原町でカフェをなさっていて、おいしいお料理と、すてきな時間を過ごせる空間だと教えてくれた友人と一緒に行く予定だったのですが、この方が、急に都合がつかなくなり、話を聞いていて行きたくなっていたので、急遽、バスに乗って行ったのを覚えています。
長く画商をされているのでカフェは、ヨーロッパの画廊のような雰囲気がありました。天使が集まっているような印象があって、ヨーロッパを思い出しました。
初めてお会いしたとは思えないくらい、いろいろなお話をして、それから、沖縄へ来ると寄らせてもらいました。数年前にこのカフェでアカペラのライブもさせてもらいましたね。その後、カフェはクローズしてしまったのですが、糸数さんとは、その後もおつきあいいただいております。
この5月に、新しいギャラリーをオープン。
また、アカペラのライブをしましょうということになりました。
糸数さんのあのカフェでのアカペラライブは、集まったみなさんとの祈りのような時間になりました。あれはクローズへの浄化だったのかな。今回は、新しいスタートの祈りになりますね。
お集まりいただくみなさんと、糸数さんの空間でしか味わえない時間を過ごせればと思います。よろしければお出かけください。

日時:2015年5月16日(土) 1700スタート
場所:G168 ART OFFICE  ※入場無料
   沖縄県中城村南上原829-1 ☎098 895 5380

くわしくは→ http://g168.okinawa/

【ライブ】LOUNGE LIVE in OKINAWA 〜MARIA SPIRITUAL SONGS きぼうがあれば いのちは輝く

150517_01

MARIA & RyuichiNOHIRA LOUNGE LIVE in OKINAWA

MARIA SPIRITUAL SONGS 〜きぼうがあれば いのちは輝く

 RisingSunと言われた家がニューオリンズにあったって、という歌があります。Rising Sun〜昇る太陽〜と呼ばれた家は女郎屋だったという話で。そこに流れついちゃった女の子は「ママの言うことを聞いていたら、今もお家にいたかも、でも、若くて馬鹿で、人生かけたら堕ちていっちゃった」と言うのね。Rising Sunは、そんなかわいそうな女の子たちのたまり場で、自分も、そのひとりだって、いつになっても変わらない、、、という歌なんだけど。でもさ、私は、「輝くきょうとまた来る明日って、ほかに何も残ってないって、それでいいの。それでいいじゃない?」って、その子に伝えてあげたいと思います。
 〜MARIA RECITAL(2014.10.19)より〜

 「ひとは、パンがあってもきぼうがなければ生きていかれない。」と、MARIAはうたう。沖縄、大きな地震での気づき、MARIAの奥にある自身のうた。ひとりでも多くの人に聴いてもらいたいから、どこでもうたう。響きのいいホールならアコースティックに。ピアノが無いような小さな空間なら、アカペラでもうたう。そして今回はおいしいお酒と素敵な空間で、ピアノの野平龍一とうたいます。ちょっと新しいMARIAの宇宙を沖縄で。 

主な曲目:The House of the Rising Sun, Sometimes I Feel like a Motherless Child, Lili Marleen,AveMaria ほか

出演:MARIA(vocal) 野平龍一(piano,arrange) ゲスト:山根貴志(piano,)
日時:2015年5月17日(日)1730 Open 1800 Start
場所:Music Cafe Kumoji phone 098-862-3921 那覇市久茂地3-25-19 2F
料金:2,500円(1Drink) ※当日は500円増しになります。
予約: phone 098-862-3921 / 090-2517-4988 Music Cafe Kumoji 担当:島
ネット予約/マネジメント http://utanoshima.com/ うたのしま音楽工房

●野平龍一(NOHIRA Ryuichi)
MARIAと野平龍一のユニットは20年強を超える。野平龍一はMARIAの宇宙をともに築いた作曲家。MARIAの独特の歌唱を生かすため、ほとんど全てのレパートリーについてオリジナルの作編曲を手がけています。細川ふみえ氏主演による「お話しミュージカル〜百万回生きた猫」 を作曲。音楽プロデューサー浅倉大介氏のCDレコーディングにアドバイザーとして参加、ディナーショー、ミュージカル、TMR-eアリーナツアー、 テレビ,ラジオ等で活躍。声楽の伴奏や室内楽のピアニストとしても活動し、マロニエフルートオーケストラでは、USA、台湾、中国へ活動の場を拡げています。 http://nohira-ryuichi.com/

●山根貴志(YAMANE Takashi)
ゲストに迎える山根貴志は沖縄在住のピアニスト。MARIAの代表的なレパートリーの武満徹のシリーズは、山根貴志との出逢いから始まりました。MARIAとのクラシックの共演も多く。音楽の精神性の相性がよく「沖縄で出逢った吟遊詩人たち」。聞き慣れた曲も、ふたりの即興性の妙味が一味違う音楽として聴こえます。

※ネットでのご予約(前売料金)は、こちら(こちらをクリック)よりお申し込みいただけます。

ホーム > お知らせ

Return to page top