Home > 聴いてください

聴いてください

MARIAの童謡・唱歌

MARIAがドイツへいたころに長女を出産。彼女は自然と育児に専念し音楽から離れていた。しかし、この子が子守唄のように聞いていた「うた」はマリアのうただった。
この子がいくつのころだろうかMARIAに言った言葉。

「ママ、うたって。からす、うたって」

「からす」というのは、MARIAがよくうたっていた童謡の「七つの子」のことだった。そのとき、MARIAは自分のことを思い出した。「そうだ、私は歌をうたっていたんだ」それから、こどもたちにうたううたも、ますますMARIAのうたになった。

それから数年後、子育てがひと段落し、東京で音楽活動を再開するときに始めたプログラムは「童謡・唱歌」だった。MARIAが10代のころ、老人ホームなどで、リクエストにも応えてうたったことはあるが、ステージでうたうことに抵抗があった。うたとしてなにかが足らないというか、シンプルすぎるのか、、、マリアのうたになりきれなかった。彼女の師、松浦律子の童謡があまりに印象が強く、そこを超えないとうたえないと思い込んでいたのかもしれない。

その童謡をうたい始めたのは、この子の「ママ、うたって」という言葉と、野平龍一の編曲により「うたの風景」がたちあがるような、「音楽の色彩」あふれるMARIAのうたになったからだと思う。当時、童謡、唱歌だけのリサイタルを何度もやった。

友人の出産に贈りたいということでCDも作成した。

あるお客さんに言われた。「これからも、魂の伝道者として歌い続けていってほしい。しかし、童謡、唱歌だけのプログラムというのも。もっと、別のうたも聴きたいです」いつのころからか、MARIAは別のうたも、再びうたうようになり、今のスタイルに行き着いた。今もMARIAと野平にとって童謡・唱歌の仕事は、大切な柱のひとつになっている。

「どこの国にも、文化にも、親から子供に歌い継がれるうたがあります。
おばあちゃまから母へ、母から私、私からこどもたちへ歌い継ぐことができるうたを、大切にしていく日本であってほしいと想います。」

MARIAは語る。MARIAと野平龍一は今も、童謡・唱歌にこだわる。日本人ならばだれもが知っている「ふるさと」をどうぞ。 Zingh 2016/11/20)

武満徹:三月のうた   by MARIA & NOHIRA Ryuichi

MARIAは、よく沖縄へ行く。ライブは3年ぶり。毎夜、JAZZのライブを展開しているMusicCafeKumojiが会場。
はじめての試みとしてPAを入れたライブにした。MARIAがマイクを使ってうたった。
MARIAは、イベントの会場や、主催者の要請でPAを入れることは、今までもあった。
主催するライブで、最初からPAを入れたのは初めてのことだ。
声がでなくなったからとか思われるかもしれない。それは、まったく違う。
MARIAと野平さんの、小さな音の織りなす宇宙を、もっともっと可能性を広げるためのひとつの実験でもあった。

武満徹の「三月のうた」。ほとんどが語り口のようなこのうた、今までもPA無しで演奏してきた。
もちろん小さな音をいろいろ使った表現だった。しかし、マイクを使ったこの日の演奏は、全く違うものになっていた。
沖縄では、新しい発見が多い。

このときのピアノは、沖縄のピアノの詩人、山根さん。
MARIAの武満徹のレパートリーは、沖縄での山根さんとの演奏で始まった。
詩の世界が迫ってくるような演奏だった。

(Zingh)


※ホームビデオによる録画。

Habanera by MARIA & NOHIRA Ryuichi

ビゼーのオペラ「カルメン」でヒロインのカルメンがホセを誘惑するためにうたわれるアリア。
普通はアルトの役。MARIAは声域が広く、アルトのアリアも歌います。リート中心で演奏をしてきているので、オペラでのMARIAは見たことがありません。音楽会用の野平さんのアレンジです。
この演奏を聴いいていると「舞台が見えてくる」と言われた方がいらっしゃいました。

2014年、恒例の杉並公会堂(小ホール)でのリサイタルより。アンコール最後の曲でした。

●Summertime (George Gershwin) by MARIA & NOHIRA

Gershwin作曲のオペラ「ボギーとベス」のアリアとして作曲された曲。両親を幼くしてなくした少年へ、育ての親のクララが歌い聞かせる子守唄。少年の両親は、当時の理不尽の境遇(奴隷制)のなかでわが子へ大きな愛を届けていたのだろう。Gershwinは「このうたは黒人でないとうたってはいけない」と言ったとか言わなかったというエピソードも残る。今では、ジャズやポップスのナンバーとしてあまりに有名な曲となっている。
MARIAのSummertimeは、NOHIRA版で、ドラマの総てが見えてしまうような美しいイントロに続く、美しい旋律が印象的。
このイントロのあとに、この音のスタートができないということで、他の方々には演奏されにくい編曲になっている。
MARIAのレパートリーでは、人気のある1曲。(PianoZing)

先日の沖縄のライブより、客席のホームビデオの録画です。

Negro spiritual: Sometimes I Feel Like a Motherless Child by MARIA &NOHIRA Ryuichi

ゴスペル、黒人霊歌と呼ばれる魂が揺さぶられる歌の数々。 MARIAのレパートリーにもあります。

Negro spiritual: Sometimes I Feel Like a Motherless Child by MARIA &NOHIRA Ryuichi

———————————————————————-
MARIA RECITAL 2014
014.10.19(日)pm7:00@杉並公会堂小ホール。

ホーム > 聴いてください

Return to page top