MARIA&KIE Heratful Live

今回、ピアノを担当するKIEはMARIAがドイツにいたころに生まれました。

MARIAが歌の活動に復帰して始めた童謡ライブ。まだ幼少のKIEの「ママ、うたって」という一言がきっかけになりました。そのことばでママになりきっていたMARIAは「あ、そうだ、わたしは歌手だった、、、」と思い出したそうです。

今回のライブのタイトルの「サンライズ・サンセット」という歌は、ミュージカル「屋根の上野ヴァイオリン弾き」の劇中歌です。MARIAがもよくライブでうたいますが、MARIAの日本語の詩は、KIEが15歳のときに英語の原詩からつくったものです。


ひざにのせて抱いた
あの小さな子

いっしょにいつも遊んだ
あの子なの?

きみは綺麗になった
きみは立派になった

過ぎた日々はきのうのこと   (日本語訳 by KIE)


MARIAの音楽会を一緒につくってきた野平龍一がKIEの音楽の師です。MARIA&NOHIRAワールドの中で育ったKIEとのライブは、きっと新しいようでなつかしいMARIAの音楽をお楽しみいただけるかと思います。

———————————————-
MARIA&KIE Heartful Live
“Sunrise, Sunset”
———————————————-
2016年7月31日(日)午後7:00開場 午後7:30開演
阿佐ヶ谷ラフォーレ (阿佐ヶ谷)
【出演】
MARIA(Vocal)
KIE(Piano)

入場料:2000円

★チケット販売協力:べろんぶる・下町ッ子・O’DENBAR・スナックバーヨシロン
★協賛:阿佐ヶ谷ととや

★ネットでのチケットの購入、ご予約はこちらから。↓

MARIT&KIE